脱毛サロンでできる施術

日本には数多くの脱毛サロンがあります。

脱毛はどこで受けても同じというイメージがありますが、サロンによって脱毛の方法は大きく分けて二種類になります。

一つ目は、よく行われている方法で、フラッシュ脱毛と呼ばれています。フラッシュ脱毛は光脱毛とも言い、特殊な光をお肌の上から照射することで、毛根に作用し、毛が生えてくるのを抑えていきます。

光を照射するだけなので、一度に広範囲の脱毛ができ、短時間で施術できるというメリットがあります。使用する光は黒い色に反応するように作られているので、お肌にはダメージをほとんど与えることなく毛だけに作用させることができます。



刺激が少ないので、痛みも弱いというメリットがあります。



お肌が弱い人でも安心できるのが脱毛サロンのフラッシュ脱毛です。


脱毛サロンでできる二つ目の施術の方法は、ニードル脱毛です。

日本語で針脱毛とも呼ばれますが、毛穴ひとつひとつに針を挿入し、電気を流すという脱毛です。ひとつの毛穴に対して施術をするので、時間はかかりますが、その分確実な脱毛をすることができます。

フラッシュ脱毛は黒い色に反応するため、背中のような産毛には効果が出るまでに時間が掛かりますが、ニードル脱毛であればその場で脱毛効果を得ることができます。
どちらの方法も毛の生え変わりに合わせて行うので、一度の脱毛ではすべての毛をなくすことはできません。



何度か施術をすることで、少しずつ毛を減らしていきます。